人間関係に疲れたと思ったら

悩んでばかりでした

職場においても友人関係においても、どんな場面においてもどこに行っても、人間関係に疲れを感じたことがない人はいないと言っても過言ではないのではないでしょうか。人間関係に悩み過ぎると、ストレスも溜まってきますし、自分らしさがどんどん失われて苦しく辛くなってしまいます。そんな悩みから少しでも解放される為にも、気持ちを楽にするような考え方や気持ちの持ちようがいくつかあるものです。先ずひとつが、相手に必要以上に気を遣い過ぎないことです。もちろん人に気を遣うことは必要ですが、度をこして自分が苦しくなる位の気の遣い過ぎはストレスになってしまいます。次に、「いい人に思われたい」とか「こんな風に思われたい」と自分を犠牲にして無理に演じることをやめることです。嫌われたくないという思いが強くなる程、自分の心に負荷を掛けることになります。また断る勇気を持つことも時には必要です。例えば気乗りしない飲み会などもそうです。そして人と適度に心地よい距離を保つことも大切です。人間関係はその距離が近付けば近付く程、お互いの粗が見えたり、我儘になったりなどのマイナス面が出てしてしまがちです。一定の距離間を保って、無理しない関係であることが大切です。それに加えて、多少人間関係で嫌なことがあっても、それを気にし過ぎることなく、スルーするしたり上手に受け流したりして、出来るだけ穏やかな気持ちでいることも大切です。