人間関係に疲れたと思ったら

生きてるだけで儲けもの

"社会は人と人の関わり合いが積み重なって回っていくものであり、その中で生きている限り、人間関係という概念から離れる事は出来ません。 友人、知り合い、家族、職場の人間、取引先の人間… 良い関係を築き続けられればそれが一番ですが、関係の悪化というリスクを常に抱え続けなければならないのもまた事実です。 日々のそうしたしがらみに疲れた場合、どうすればよいか。その答えは人それぞれであり、容易に見つかるものではありません。しかし人間関係に疲れたのなら、それを休んでみるのも一つの手ではないでしょうか。職場や学校での人間関係の場に居続けるのではなく、そこから一歩引いてみる事で気分転換を図れ、そこから自らの問題を捉えなおしてみる、必要であれば信頼できる相手や専門家に相談する、といった具合に方策が思いつくかもしれません。 “生きている”ということは”行動を起こせる”ということでもあります。まずは”どんな行動を起こせそうか”、というところに生きている実感の入り口があるといえますね。"