人間関係に疲れたと思ったら

ずっと続く人間関係

人間関係は人が生きていくうえで必ず形成されていくものです。人は一人で生きているということはまずありえません。機械を相手に仕事をしているような人でも、その職場で一緒に働いている人がいるケースがあるわけです。つまりそのなかから人間関係が発生します。そして、生きていくうえで人間関係はせっかくならば良い方向にずっと続くような関係を築いていきたいものです。
大切なことは相手のことを優先して考えることです。これは非常に難しいことです。何故ならば人間は自分の視点から主観的に物事を見てしまうからです。また、疲れているときなど自分が危機的な状況に追い詰められている時ほど相手のことより自分のことを考えてしまいがちになってしまいます。ここで大切なのは、普段余裕のある時に相手のことを優先して考えるようなクセをつけておくことです。余裕のある時ならば、客観的に自分の至らない点などを見つけやすいですし、よい人間関係を築ける下地にもなります。
次に大切なことはこまめに連絡を取り続けることです。相手との関係が続くには連絡を取り続けるのが一番の方法です。人と出会ったらその方の誕生日を必ず覚える、と言っていた方がいました。この方は相手の誕生日になるとメールを送ったり、電話をかけたりするそうです。誕生日の存在しない人間はいません。また、誕生日に「おめでとう」と言われて嬉しくならない人間はいません。これは良い手法だといえます。連絡する間隔があくとどのような話題を相手と話していいか分からなくなってしまいます。そのような時に誕生日のお祝いを行うと効果的です。
人間関係を続けたい、と思ったら相手の趣味などに興味を持つことも重要です。自分の趣味などの話題になると自然と楽しく話すことが出来るのが人間です。その話題が合えば会話も盛り上がり、お互いの関係も良いものになっていきます。
人間は社会のなかに生きています。そのなかで沢山の良い人間関係を作り上げて、続けていくのが幸せの一つと言えるでしょう。