人間関係に疲れたと思ったら

疲れる前に

世の中にはたくさんの人がいて一人としてまったく同じ人間は存在しません。
いろんな性格、様々な感性や個性があり、その中で人は共存して生きているのです。
それだけたくさんの人のなかで生きていくのは良いこともあれば大変なこともあります。
早ければ保育園時代から団体で行動する経験が始まり、小学校、中学校、高校、大学と続く学生生活、そして社会人になってからもいろんな人たちと共に生活していかなければなりません。
その中で、周りの人間関係がうまくいかずに疲れるということは誰もが一度は経験することだと思います。
現代の日本はストレス社会といわれており、子供のうちから学校で友達とうまくいかないことに悩んで心の病気になってしまい、その結果不登校になってしまう子も増えてきています。
子供だけでなく、社会に出てからも職場の人たちと良好な関係を保っていくことは難しいことでもあります。
年齢や立場の違う人たちと仕事をしていくのは非常に気を使い、人間関係にストレスを感じて疲れる人も多いようです。
そんな日々ストレスを溜めながらの生活は、次第にその人自身の心と体に悪影響を与えてしまうかもしれません。
そうならないためにも、人間関係で同じ悩みを繰り返さないよう自分の心と真剣に向き合う必要があるようです。
人間関係に疲れやすい人は、他人に対して過剰に気を使いすぎている可能性があります。
自分の発言や行動が、相手の人にどう思われているのかを異常に気にしてしまい、その結果空回りな言動をしてしまったり勝手な思い込みから落ち込んでしまう等を繰り返すことで自分自身を疲れさせてしまうのです。
そんなパターンから抜け出すには、自分の言いたいことを我慢せず心を開いて伝えてみることが大事です。
その際にマイナスな言葉を使うのではなく、なるべくポジティブな言葉を使っていくことで相手に自分を受け入れてもらいやすくなり、次第に気持ちのいい環境に変わっていくようになるのです。
周囲の人たちとほどよい距離感を保ちながら、自分自身が前向きに変わっていくことが人間関係の改善への一番の近道なのかもしれません。