人間関係に疲れたと思ったら

合わない人ともうまく

生活をしていく中で、人間関係というものは必ず存在しているものです。職場でも学校でも、人間関係なしでは生活していくことは難しいでしょう。世の中には様々な人がいます。当然ですが、その中には合う人もいれば、合わない人もいます。合う人とばかりつきあっていく事が出来ればいいですが、なかなかそれは難しいことです。人間関係の中で、合わない人ともつきあっていかなければならないことでしょう。そのため、人間関係に疲れたと思ってしまうこともあるはずです。では、合わない人ともうまく関係をつくっていくためには、どのようにすればよいでしょうか。
まず、挨拶やお礼などは合わない人相手であっても、きちんと行うようにしましょう。こちらが合わないと思っていても、相手はどう思っているのかわかりません。わざわざこちらから関係を悪化させる必要はないのです。挨拶、お礼、返事はきちんとしっかり行うことが大切です。
次に、その人の中にも良いところはどこかあるはずです。人間、短所ばかりの人はあまりいないでしょう。それを見て確認し、紙に書き出してみます。その人の長所ばかりを書き出してみるのです。そして、それを重視するようにしましょう。悪い所はとりあえず考えず、良い所ばかりを見て、案外いい人なんだと思うことが出来れば、とても気が楽になります。
また、プライベートな話はしないように気をつけることも、大切です。職場であっても、学校であっても、その場だけの関係にとどめるようにしましょう。相手がもしもプライベートな話をふってきても、忙しいのですみませんと、さり気なく避けるようにします。深入りをしないで、職場や学校だけの関係にとどめておくことが大切です。
このように、あわない人と上手くつきあっていくためには、色々な工夫が必要となってきます。しかし、上手く工夫をしてつきあうことで、人間関係も楽になるのです。自分のためにも、上手くつきあうことが出来るように工夫しましょう。