人間関係に疲れたと思ったら

楽に生きていきたい

学生であっても社会人であっても、生きていく中で一人で生きていくということは、なかなか難しいものがあります。人間関係はどこにでも存在しますし、つきあっていかなければならないものです。しかし、毎日、色々な人たちと接したり話したりしていると、人間関係に疲れてしまう時があるはずです。疲れたなぁと思うことがあるでしょう。それはとても辛いものです。精神的疲労が重なってしまうはずです。出来ることなら、人間関係に疲れず、楽に生きていきたいと誰もが願うことでしょう。では、どうすれば、そのように楽に生きていくことが出来るのでしょうか。
人間関係で良い関係が結ばれているのであれば、あまり疲れることはないはずです。問題となるのは、嫌いな人の存在なのです。不思議なもので、嫌いだと思えば思うほど、相手は近寄ってきてあれこれ話しかけたりしてきます。そのため、疲れを感じてしまいます。
そのような嫌いな人への対処方法ですが、とにかく、存在ごと消えてもらうことが大切です。消えてもらうと言っても、自分の頭の中や意識からです。一般的に、気になる相手だから、疲れもしますし嫌になったりもするのです。どうでもよい相手であれば、その相手のことを考える時間など、ほとんどないでしょう。そのどうでもよい相手のレベルに、嫌いな人を同等にしてしまえば良いのです。つまり、自分自身の中で、嫌いな人をどうでもよい人にしてしまうことが、とても大切なことです。どうでもよい人であれば、何を言われても気楽です。人間関係に疲れることもありません。
そんな簡単に意識から消せないと思う場合は、紙にその人の名を書いてビリビリに破って、捨ててしまいましょう。そうすることで、自分自身の中にあるその人ごと消してしまうのです。何度もくり返すうちに、意識から消えていくことでしょう。
楽に生きていきたいと願うのであれば、好きな人とだけ人間関係をもつことです。嫌いな人は、自分の意識から消えてもらうようにしましょう。